スポンサードリンク

アウターマッスルとインナーマッスル

私たちは体の筋肉の働きによって様々な動作を行うことができます。筋肉には、体の外側の筋肉のアウターマッスルとインナーマッスルと呼ばれる体の内側の筋肉があります。



アウターマッスルには速筋と遅筋があります。アウターマッスルは大きな力を必要とするときに働く身体の表側の筋肉です。インナーマッスルは、動作や作業をするときに安定した姿勢を保ったり、身体のバランスを保つ役割をしている身体の深層部にある筋肉です。



アウターマッスルの筋肉は比較的大きく、一般的に筋肉トレーニングを行うということは、アウターマッスルを鍛えることです。さらに、ボディビルダーの鍛える筋肉はその中の速筋を主に鍛えることを指すことだといえます。例えば、運動のし過ぎで痛みを感じるのはほとんどの場合アウターマッスルです。



インナーマッスルはアウターマッスルに包まれるように骨に近い部分にある比較的小さな筋肉です。部位によってはボディコアと呼ぶこともあります。普段私たちはあまり意識することのない筋肉です。



このインナーマッスルを鍛えることで肩こりや腰痛対策になるといわれています。よく四十肩とかいわれる肩の痛みは肩のインナーマッスルの老化が原因といわれています。



またスポーツをする上でも素早い動作にはインナーマッスルは欠かせない筋肉です。関節部分では回旋と言う複雑な動作がありますが、インナーマッスルはここでとても重要な働きをしています。背中を丸めずに背筋を伸ばした姿勢をとるとき働いているのはインナーマッスルです。この部分はボディーコアと呼ぶこともあります。


インナーマッスルのトレーニングアイテム一覧 By 楽天

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。